新宿近視クリニックのICL費用や評判は?デメリットも含めて解説!

看護師新宿近視クリニックはICL治療でたくさんの症例数と治療実績があるクリニックです。

ICL手術を安心して治療を受けてもらうため、痛みを少なくする取り組みも行っており人気のクリニックです。

今回は新宿近視クリニックのICLについて費用も含めて詳しく紹介します。

新宿近視クリニックのICL

ICLレンズ

新しいICLレンズ

ホールICL

新宿近視クリニックでは穴の空いているEVO+レンズを使用することにより、虹彩にレーザーや手術で穴をあける必要がなくなりました。

以前のICLレンズでは、目の中に流れている水を保つために目の虹彩に穴を開ける必要があったのです。

何らかの目の病気になった際、レンズを取り外した後、再度レンズを装着することがむつかしくなるレンズでした。

現在は目の病気などで、一旦レンズを外した後に、再度ICLを装着するという目の矯正も可能です。

夜間の見え方も改善

また、ICLレンズは夜間、物が歪んで見えるという欠点がありましたが、EVO+レンズではその問題を克服し、夜間でも物が歪んで見えることが無く、シャープに見えるように改良されています。

紫外線を防ぐ

レンズ自体に紫外線をカットする機能が搭載されています。

目に対しての紫外線から受けるダメージも軽減します。

レンズの素材

レンズ自体は人間の目の組織に適合しているコラマー素材。

たんぱく質が付着しないということも新型のレンズの特徴となり、従来型のICLレンズと比較した際、たんぱく質の付着なども起きません。

ICL手術の痛みはどうなの?

悩む女性

ICL手術に置いて発生するであろう痛みを新宿近視クリニックでは、部分麻酔で軽減しています。

これは新宿近視クリニックが、患者の痛みを極限までなくすことにこだわっているためで、目の表面の痛みを軽減する点眼麻酔をします。

目の手術を行う際、点眼麻酔が効果が高いのです。

看護士 ピンク 右

ICLはレンズを装着するに当たり、目の強膜と角膜の境目を切除する必要性があります。ICLの切除による傷は、レーシックより小さい3mm程度です。

他にもICLレンズの挿入時に置いても、違和感を感じさせないように感覚を鈍らせるために部分麻酔を用意。

これは前房の中にごく少量の麻酔液を注射することにより周囲の感覚を鈍らせ、レンズ装着時の違和感をなくすための麻酔です。

違和感をなくすことにより不安感や恐怖感を与えないようにします。

術後の炎症は?

新宿近視クリニックでは、術後に目の赤み、炎症に対する、問題を解決するための取り組みをしています。

これらは術中の充血を抑える努力をすることにより、目の充血を抑えることに成功しました。

看護士 ピンク 右

術後の赤みについては目の膜を切って、レンズを挿入する際の傷口が治ることにより目が充血します。

新宿近視クリニックのICL料金

料金
施術名 費用
ICL 乱視なし-5D未満 46.0万円
ICL 乱視なし-5D以上 53.7万円
ICL 乱視あり-5D未満 56.0万円
ICL 乱視あり-5D以上し 63.7万円
(※両眼、税込み価格)
 

新宿近視クリニックのレーシック

新宿近視クリニックのレーシック機器

新宿近視クリニックでは、カスタムフィットイントラレーシック等に、米国INTRALASE社製の最新型イントラレースレーザーのイントラレースiFSを使用しています。

イントラレースiFSは厚生労働省承認の医療機器です。フラップとは角膜の表層を薄く削って作るフタのことで、手術後の痛みを和らげ、回復を早める役割があります。

最新型イントラレーザーiFSを用いることで、精度の高いフラップ作成を行っています。

照射時間は短く、角膜への負担を大幅に軽減出来て、一人一人の目の状態に合わせた精度の高い屈折矯正手術が可能です。

無料検査・カウンセリング

レーシック施術を受けるにあたって、不安や疑問点も多いもの。新宿近視クリニックでは、無料説明会やメール相談を実施しています。カウンセリングや適用検査も無料です。

目は大切ですので、施術をするかしないかも簡単に決められることではありません。しっかり検討して自分で納得して施術を受けるためにも、無料説明会や無料カウンセリングで疑問点は解消しておきましょう。

新宿近視クリニックではメリットだけでなくリスクやデメリットもきちんと説明。もし納得できなければ、そのまま帰っても大丈夫です。

新宿近視クリニックのレーシック料金

料金
施術名 費用
iFSイントラレーシック オプティマイズ 303,510円
Vario Design レーシック 355,460円
Max Vario design レーシック 405,370円
ラゼック 303,510円
(※両眼、税込み価格)

 

新宿近視クリニックの特徴

衛生管理、感染症対策

新宿近視クリニックでは、待合室に高性能業務用空気清浄機を導入し、院内を常に清潔に保っています。

完全予約制で患者の来院人数を制限することで、待合室が混雑しないよう徹底。細心の注意を払い日々医療活動に行なっています。

手術室を常に清潔に保つために、手術が終了した後から翌朝までの間は、オゾン燻蒸装置を使用して、室内にオゾンガスを放出し、手の届かない床や壁や天井までを隅ずみまで殺菌しています。

このような徹底した衛生管理で、感染症のリスクもほぼゼロといえると思います。

看護士 ピンク 右

またICLの場合は、万が一治療後何年後かに目の病気が表れた場合でも取り外し可能。その病気を治療して、再度ICLを使用することもできます。

アフターケア

アフターケアも充実しており、術後1年間は無料で定期健診を受ける事が出来ます

定期健診

手術翌日
翌々日
1週間後
2週間後
1ヶ月後
2ヶ月後
3ヶ月後
6ヶ月後
1年後

このように丁寧に経過を見てもらえるので、細かい変化などにもすぐに対応してもらえます。

ICLはレーシックと比較しても近視戻りがほとんどない治療法と言われています。

新宿近視クリニックでは、万が一近視の進行により視力の低下が見られた場合には、手術後3年間は追加料金なしで再手術が受けられる「3年保証」も付いています。
 

新宿近視クリニックのデータ

新宿近視クリニックの住所

東京都新宿区西新宿7-10-1 O-GUARD新宿3F

診療時間・休診日

10:00~19:00、木曜休診

アクセス

・JR新宿駅西口から徒歩1分
・都営大江戸線 新宿西口から徒歩1分

新宿近視クリニックの地図

※ICLは最初に適応検査を受ける必要あり。